2013年01月08日

会陰切開は回避できる!


専門書のみならず、身近にいる経産婦たちにヒアリングしただけでも、最近では(母親の代が出産をした1980年代でさえ)、赤ちゃんが出てきやすいように会陰切開をするケースが多いようです。でも実はこれ、助産師さんの技術で回避させてもらうことだってできるんです。切開せず、自然に伸びるのを待って裂けないように保護しながら産ませてあげる、これは助産師さんの技術だと田舎のおばあちゃんが話していました。切れたり裂けてしまった場合、跡になってしまうという理由ではじめから切開をすすめられますが、きちんと保護をすれば、切れずに自然に伸びてくれるものなのですね。私達のおばあちゃん世代の出産までは産婦は皆そうしてもらっていたそうです。ところが会陰切開をすると、産後しばらくは痛くて痛くて…座るのも、当然お手洗いも大変。ただでさえ、産まれたばかりの可愛い赤ちゃんに母乳をあげて、オムツをかえて…慣れない作業に集中したいところでも、会陰部の痛みとの戦いが待っています。その点、最初から産院によく相談し、運よく腕の良い助産師さんにあたれば…会陰保護が可能となり、痛みも少なく、産後の回復も早いというのです。ちなみに、近年の出産にも関わらず会陰保護をしてもらえたという2人の友人のうち1人は、事前に産院の院長先生に何度もお願いしておいたそうです^^

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼







posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

会陰切開は回避できる!?続 ケーゲル体操


「ケーゲル体操」で分娩までに膣と会陰部の筋肉を引き締めておけば、人にもよりますが会陰切開や会陰裂傷を避けられる可能性が出てきます。私が通っていた産院では、初産婦は会陰が伸びにくいため8割は切開していましたが、産後の子宮回復にも役立つ体操と知り、私は1日の間に、気が付けばこのケーゲル体操を何セットもしていました。

やり方はいたって簡単です。立ったままでも座ったままでも良いので、膣と肛門のまわりの筋肉に力をいれて10秒間引き締めたら、今度はゆっくりと力をぬいてリラックス。これを10~20回を1セットとして、1日3セット以上。もしくは、1から10まで数えるごとに会陰部の筋肉を引き締めたりゆるめたりを3セットでも良いそうです。※母子ともに健康で、特に問題ない場合にできる体操なので、念のため、通っている産院の御医者さんにこの体操を日常的にしてもよいか、聞いてみて下さい。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

他のママたちの自然分娩(続)


最近は色々な出産方法が出てきて、無痛分娩や誘発(計画)分娩なんていう方法も時々耳にするようになりましたが、この自然分娩に関するデータを見る限りでは、病室・陣痛室・分娩室での自然分娩が62.8%と、未だに多いようですね。ちなみにこの自然分娩の中には、最小限の医療処置を施し、必要があれば医師の判断で会陰切開や陣痛促進剤を使用したものも含まれると考えられます。この中で、会陰切開もせず、陣痛促進剤も使わず、本当の意味で自然に分娩することがママが何パーセントぐらいいるのかも知りたいところです。ちなみに私の身近では2012年現在、自分を含め妊娠・出産ラッシュで、妊婦が12人、出産して半年未満の産婦が5人、6カ月~3歳頃の子どもをもつママが約15人います。芸能界も出産ラッシュのようで、どんな理由であっても、おめでたい年ですね。そこで、出産を経験した友人知人ら20人に聞いたところ、会陰切開もせず、陣痛促進剤も使わなかった人は、20人中たったの2名でした。残り18人中、会陰切開と陣痛促進剤どちらも行った人は10人、会陰切開だけは5人、陣痛促進剤だけは3人でした。これとは別に母親たちの年代、10人に聞いたところ、陣痛促進剤を使った人はわずか1人。会陰切開は8人でした。当時から会陰切開はよく行われていたようですが、陣痛促進剤そのものは、陣痛促進剤として今やとてもポピュラーなオキシトシンの構造が1953年にアメリカで特定され間もなく使われ始めたので、母親たちの年代には既に登場してはいたものの、その頃は日本の産院ではそこまで主流ではなかったようですね。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼







posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

他のママたちの自然分娩


以下のサイトでは、膣を経由した分娩を自然分娩とし、
その中でもママ達がどんな分娩方法をとったかをデータにしています。

回答者数=2296名
http://www.premama.jp/jiten/birth/birth06.html
プレママタウンより

以下、多い順から。
病室・陣痛室・分娩室での自然分娩 62.8%
その他 11.4%
誘発分娩 7.4%
アクティブバース 7.4%
LDR 5.1%
ソフロロジー 4.8%
ラマーズ法 4.7%
無痛分娩 2.2%
座位分娩 0.5%
水中出産 0.1%
自宅分娩 0.1%

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

自然分娩のはじまりかた


まず最初にわかりやすいのが「おしるし」です。血液がまざったおりもののようなもので、おしるしがでてすぐに陣痛がくる人、数日後にくる人、おしるしはなく、突然陣痛がくる人がいます。
陣痛といっても、前駆陣痛という不規則で軽めの腹痛や腰痛から、徐々に強くなり規則的になっていく本格的な陣痛までがあります。
 またその強弱も人それぞれです。1時間に6回以上(10分間隔)の痛みやお腹の張りがあれば、本格的な陣痛開始のサインといえます。
このほかに、前期破水といって、卵膜が破れて中の羊水が流れ出てくることにより陣痛がくるケースもあります。破水にも色々あり、大量にでる人もいれば、尿漏れ程度で自分では気がつかないケースも。(破水後は細菌感染防止に入浴、シャワーは×)破水すると、大体24時間以内に陣痛がくる人が殆どです。
 おしるし、前駆陣痛、陣痛、前駆破水―これらいずれかが自然に起こり出産につながることが、自然分娩といえます。また、後期になると子宮が大きくなり上がって胃を圧迫するので、胃もたれは誰しも経験するところでしょう。ところが分娩前になると子宮が下がってくるので、胃が楽になり食欲が出てきたりします。目で見てお腹のぽっこりが下に下がったのがわかる人もいますし、おしっこがやけに近くなったり、腰がいつも以上に重くなったり等々、色々な身体からのサインもあるのでそれをキャッチすることも大切ですね。ただ、気にしすぎには注意です。あまり気にし過ぎていると中々兆候があらわれない人も多いので、予定日が近づいてきても出来るだけリラックスし、いつも通りの生活をおくることが大切です。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

このサイトでの自然分娩


出産予定日を過ぎても陣痛がこない、特に初産の場合は遅れることなど一般的で、ママがゆったりと気持ちで「いつ産まれてきてもいいからね」といつも通りの生活をしているうちに自然に陣痛がきたりするものですが、産院によっては、数日だけ待ってあとは陣痛誘発剤を使う、というケースも最近は随分と増えてきました。特に、出産を控えるママを沢山抱える大きな大学病院などでは予定日をすぎたら陣痛誘発剤を使うことが多いですね。
ということで、一言で自然分娩といっても、ママが考える自然分娩と、医師が考える自然分娩に違いがあることがあるので、ママがどんな自然分娩を望んでいるかにもよって、あらかじめ産院側ときちんと話しておくことが大切です。場合によっては、産院を変えなければならないケースも出てくるでしょう。
このサイトでとりあげる自然分娩とはあくまでも、おばあちゃんの世代までの正常分娩のように、陣痛誘発剤などの薬は使わず自然に赤ちゃんが膣を経由して産まれてくることを「自然分娩」として、ご紹介していきます。
そもそもお産とは自然現象です。自然に分娩をするのは女性に本来備わった機能であり、健康的なまともな生活を送っている限りは、特別なことをしなくても産む力がきちんと備わっているといえます。陣痛の力と、ママのいきみの力、赤ちゃん自身が自ら下りてくる力によって自然に運ばれます。高齢出産でも、逆子の場合でも、ビックベイビーでも、赤ちゃんが自然に下りてくるのをママやパパがリラックスして待ってあげれば、自然分娩は可能になるのです。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

一般的な自然分娩


自然分娩とは一般に、「自然経膣分娩」、「経膣自然分娩」ともよばれているその名の通り、「
赤ちゃんが膣を経由して産まれてくる」分娩のことを指します。

また、自然という言葉をどうとらえるかにも関係し、
外的な力を使って分娩を進める吸引分娩や鉗子分娩、
薬を使用して行う誘発分娩(計画分娩とも言われます)、
無痛分娩も同じく言葉の意味としては膣を経由する自然分娩ですが、
これらを自然分娩とよぶかどうかは病院、医師、ママによっても違いがあるようです。

誘発には、自然に陣痛が起るのを待たず、陣痛誘発剤、子宮収縮剤、
または子宮口にバルーン状のゴム、器具を挿入して陣痛を起こすので、
「自然」と呼ぶには少し科学的な気もします。

更に分娩の形式は、大きくはこの自然分娩と、帝王切開分娩に分けられます。
帝王切開ではなく膣を経由する自然分娩の中でも、
正常分娩と異常分娩に分けられますが、分娩法の異常として、
誘発分娩・促進分娩が、その異常分娩の中に入ると言う専門家もいます。
また、助産院などでは、陣痛促進剤は勿論、会陰切開などの医学的行為も
行わずに本当に自然に胎児が出てくるのをサポートするお産のみ、
自然分娩とよんでいるところもあるようです。

ですが最近では、多くの病院、産院で、母体と胎児の安全のため、
最小限の医療処置を施し、必要があれば医師の判断で
会陰切開や陣痛促進剤を使用し、
分娩をサポートすることを自然分娩とよんでいます。

★このサイトでの自然分娩

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。