2012年12月29日

自然分娩に必要不可欠な健康的な食事


妊娠中のママが脂質や糖質をとりすぎると、血液がドロドロになってしまい、赤ちゃんに健康な血液を十分送って
あげることができません。妊娠中のみならず産後も乳腺がつまって母乳が出にくくなったりトラブルの原因になります。鉄分不足も貧血の原因になりますが、鉄分は良質のたんぱく質に含まれています。吸収を良くするために、穀類と一緒に野菜をたくさんとることが必要です。特に気をつけたいのは、加工品、外食や、カタカナの入った食べ物を意識して避けること。化学物質や遺伝子組換え技術に汚染された食べ物も禁物。食品を買うときは必ず、添加物表示をきちんと見ましょう。遺伝子組換え食品の表示は日本ではまだ甘く、例えばスーパーで安く購入できる植物油や、畜産物の飼料等、殆どが既に遺伝子組換え作物に汚染されていますが、表示はされていないため消費者にはわからないようになっています。遺伝子組換え作物の動物実験では、子の代、次の代、またその次の代までにわたり、生殖機能に異常が出てしまっているような不完全な技術ではありますが、多額のお金や人が動いていることもあり、そう簡単にこの技術が消えてなくなることはないかもしれません。ではどうやって避ければよいか。一番簡単なのは、無肥料、無農薬栽培の穀物や野菜を選び、加工品は極力避け、昔ながらの日本の伝統食を食べることです。これで、食べ物からくるトラブルの殆どは解決されるでしょう。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼






posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩をするために | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。