2012年11月12日

逆子体操 逆子をなおす4つの方法


逆子と診断されて、どうしよう!!と戸惑っている妊婦さんもおられるかと思います。
妊娠31週ごろまで、殆どの赤ちゃんはまだ小さくてお腹の中でも動き回れるということもあり、
逆子になったり頭位に戻ったりを繰り返し安定しませんが、最終的に出産まで逆子が直らないというのは
5%程度というデータもあります。よく歩いて家事をして自然にしていたら重力で頭が下にさがってきて
くれるんですね。それでもやっぱり心配!という人は、家でもできる逆子体操というものがあります。

※逆子体操なら家でもできると気楽に考えてはNG。身重な体での体操ですから、妊娠経過に特に問題がなく、
お腹に痛みや張りがない状態、且つ医師が許可した場合のみ行ってください。自己判断は絶対にNGです。

■1、四つん這いのポーズ

お腹の筋肉が緩み、赤ちゃんがうごきやすくあるのがこの四つん這いのポーズです。
時間を決めて行うのってあまり続きませんが(私の場合は)、毎日家中の拭き掃除をしてこの
四つん這いポーズをつくりあげていました。逆子対策効果は勿論、雑巾がけの時に手を左右に動かすとおっぱいがゆさゆさと揺れるので、おっぱいマッサージもできて&お部屋もぴっかぴかで一石3鳥!
※やりすぎるとお腹が張る原因になるので毎日少しずつがポイントです。
今日はこの部屋、明日はあの部屋、あさってはキッチンを拭こう~ぐらいの配分で十分でしょう。
家中をこの四つん這い拭き掃除で一周すると、また最初に掃除した部屋が汚れてきたりしていました^^;

■2、四つん這い&お尻を上に突き出すポーズ

四つん這いになり、両手をあげて地面にぴたっとくっつけます。
お尻はできるだけ天に突き出すイメージで、腰とお腹は地面に向けて下げます。
書くのは簡単ですが、正直かなりきつい姿勢です。
長時間は避け、5~15分程度に。好きな音楽を聴きながらリラックスして行うと多少我慢できます。
慣れてくるとこの姿勢がきついというより、体が伸びて気持ち良いと感じるようにまでなりますよ。

■3、1と2が終わったら、赤ちゃんの背中があるほうを上にして横になり、リラックスします。
赤ちゃんの背中がどこにあるかなんて自分ではわかりませんのが、産院の先生に聞けばすぐに教えてくれます。上記の運動をしてお腹が緩んできた後にこの姿勢を保つことで、赤ちゃんがグルンと回転しやすくしてあげるのです。

運動はしなくても、この寝る向きだけで逆子が直ったというママたちもたくさんいます。
逆子をなおしたい時期=赤ちゃんが大きくなってきて無理は禁物なので、
運動がきつそうであれば寝る向きだけでもやってみてください。

■4、体も心もリラックスしてお腹の赤ちゃんに優しく呼びかける。
これは4回も逆子になってしまった私の妊娠時、最も効果があった逆子ちゃん対策です。

半身浴でゆっくり体をあたため、お風呂の中でお腹を触りお腹の赤ちゃんに優しく
話しかけます。さらにお風呂上がり、股の下からパパが「かわいい赤ちゃ~ん。頭こっちだよ~ん♪」と
歌をつくって毎日話しかけてくれました。
この声に反応してよく赤ちゃんがぐるんぐるんと動いていましたが、
その反応が本当に可愛かった♪♪結局、妊娠38週で逆子はなおってすっかり位置が安定し、
正常位での自然分娩を無事むかえることができました。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 23:52 | TrackBack(0) | 妊娠 逆子 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。