2013年01月08日

自然分娩の妨げとなる「低体温」を予防する


現代人の低体温が問題になっていますが、中でも女性や子供の体温の低下が目立ちます。人間の体にも適温というものがあり、低体温は心身の健康にさまざまな悪影響を及ぼします。ただでさえ体温が低いと免疫効果が下がり病気にかかりやすくなりますが、妊娠中は特にこの低体温には困らされるでしょう。妊娠出産に関する書籍などではよく、冷え予防のための対策が書かれていますね。お腹の赤ちゃんは温かい環境が好きなので、ママの低体温が原因してトラブルが起きやすくなったり、分娩にまで影響するということも少なくはありません。そしてこの低体温の原因には、食生活、運動不足があるのは勿論のこと、最も大きな要因となっているのが実は、“空調管理”にあると考える自然医学のお医者さん達もいます。「頭寒足熱」という言葉は、体の適温を保つためには、横隔膜より上を温めてはならず、それより下を冷やしてはいけないということを意味します。ところが、戦後一斉に普及した冷暖房機器を使うと、冷えた空気は重くなり足元へ下がり、暖房で暖めた空気は軽くなり頭上をあたためてしまい、体を冷やす原因となるのです。一昔前までの日本では木造住宅が主流で、風通しが良く、外気との温度差が少なかったために、人間の体も自然順応し、低体温に悩まされるなんていうことはよっぽどでなければなかったようですね。勿論、現代では家の作りから何から違うので、常日頃から冷暖房完備の生活に慣れているママに、極寒の日に暖房器具を一切つけるな、我慢ならぬ猛暑にクーラーを絶対につけるなというわけではありません。意識しはじめることで体は少しずつ慣れていきます。冬なら、今日は少し暖かいな?という日には、暖房をつける癖をやめていつもよりたくさんお日様にあたって日光浴をしてみたり、洋服を1枚増やして寒さ対策をしたり。できる範囲で少しずつ改善していきましょう。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼





posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩をするために | 更新情報をチェックする

会陰切開は回避できる!


専門書のみならず、身近にいる経産婦たちにヒアリングしただけでも、最近では(母親の代が出産をした1980年代でさえ)、赤ちゃんが出てきやすいように会陰切開をするケースが多いようです。でも実はこれ、助産師さんの技術で回避させてもらうことだってできるんです。切開せず、自然に伸びるのを待って裂けないように保護しながら産ませてあげる、これは助産師さんの技術だと田舎のおばあちゃんが話していました。切れたり裂けてしまった場合、跡になってしまうという理由ではじめから切開をすすめられますが、きちんと保護をすれば、切れずに自然に伸びてくれるものなのですね。私達のおばあちゃん世代の出産までは産婦は皆そうしてもらっていたそうです。ところが会陰切開をすると、産後しばらくは痛くて痛くて…座るのも、当然お手洗いも大変。ただでさえ、産まれたばかりの可愛い赤ちゃんに母乳をあげて、オムツをかえて…慣れない作業に集中したいところでも、会陰部の痛みとの戦いが待っています。その点、最初から産院によく相談し、運よく腕の良い助産師さんにあたれば…会陰保護が可能となり、痛みも少なく、産後の回復も早いというのです。ちなみに、近年の出産にも関わらず会陰保護をしてもらえたという2人の友人のうち1人は、事前に産院の院長先生に何度もお願いしておいたそうです^^

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼







posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩とは | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

食生活管理には何よりも、昔ながらの日本食


昔ながらの日本食とはどんなものか、難しく考える必要はありません。米、魚や海藻、その季節の旬の新鮮野菜をたっぷり食べることです。とにかく最近の若い女性は、お米を食べる量が極端に少ないですね。年間60キロも食べない人が大半でしょう。“太るから嫌”というのを理由に、日本人の遺伝子レベルが必要としている主食であるお米を食べないわりに、油分の多い外食やジャンクフード、砂糖たっぷりのお菓子なんかを喜んで食べているのですから、体や心のトラブルが増えるのはある意味当然のことです。一昔前までの日本人は、季節に合わせた食べ方を知っていました。「春苦み、夏は酢のもの、秋辛み、冬は脂とこころして食え」という言葉が当たり前の食生活。油分は絶対にとってはいけないわけではなく、寒い冬をこえる知恵として脂肪を蓄えるために、冬は脂ののった魚や肉を食べていました。お産も軽く、殆どが自然分娩で、母子ともに健康でした。今あらためて、昔の人達の暮らしや食生活に学びたいものです。
また、塩分のとりすぎにも注意です。また、同じ塩でも、ミネラルが含まれている本物の自然塩を。

▼「たまひよnet」で妊娠中のギモンを即解決▼



たまひよからスマートフォンのプレミアムサービスが登場!!
月額315円で書籍2冊分以上の情報が
いつでも検索可能!!妊娠・育児のQ&A回答や
妊娠中のOK・NG情報、赤ちゃんの食材チェッカー
など、プレミアム情報があなたのお手元に♪


▼26万件以上に も及ぶ先輩ママのクチコミ&体験談が充実の「ママニティ」▼

マニュアル通りにいかない妊娠・出産・育児…だからこそ毎 日が気がかりの連続!ママニティでは育児書に載っている情報はモチロン26万件以上のクチコミ&体験談が満載☆悩みや不安を解消します

▼かわいいデコメに目がハート^^こんなのも良いかも♪「ママデコメ」▼







posted by 幸せママネットワーク at 00:00| Comment(0) | 自然分娩をするために | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。